糖尿病を改善|症状に適した治療を受ける!

知らぬ間に血糖値が上がる

笑顔の男の人

自覚症状がない

糖尿病は知らぬ間にやってきます。食べても痩せるとか、食欲は異常にあってよく喉が渇くなどということがありませんか。遺伝的なものもあるので親兄弟に糖尿病の方がいらっしゃれば要注意です。定期的に健康診断の血液検査を受けて血糖値の値をチェックしましょう。私たちの体は毎日の活動のために必要な炭水化物をご飯やパンなどから摂取しますが、炭水化物は体内でブドウ糖になり血液に乗せられて体中に行き渡り、細胞内でエネルギーとして利用されます。インスリンは血液の中のブドウ糖を細胞に取り込ませたり脂肪に蓄えさせたりするのですが、糖尿病の方はインスリンの量が少ないとか働きが悪いのです。これにより血液中のブドウ糖・血糖が高い状態になります。高血糖により血糖値が高い状態が続くと動脈硬化になり、やがて狭心症や心筋梗塞を引き起こします。病院で検査の結果、糖尿病と診断されたら症状の改善のためにやるべきことは食生活の改善と適度な運動です。

運動と食生活がポイント

病院で検査の結果、糖尿病と診断されたら症状の改善のためにやるべきことは食生活の改善と適度な運動です。血糖値を下げるために、食事の際の血糖値の急激な上昇を避けなければいけません。ゆっくりとよく噛んで食事をすれば、脳の満腹中枢を刺激することで食べ過ぎの防止にもなります。また、食事の順番を食物繊維の多い野菜から始めて、次は肉や魚類、最後にご飯やパンなどの炭水化物にするという改善方法もあります。脂分の多い食物は避け塩分も控えめにしましょう。食後の血糖値を下げるためにウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をしましょう。軽い負荷が長時間かかる状態にして体内に酸素をとりこむことで、脂肪を燃えやすくします。食後に15分程度行うのが効果的です。また筋肉を増やす運動で基礎代謝量を増やすことも効果的で、肥満解消のメリットもあります。